フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。



峡中八珍果は、江戸時代に甲斐国の代表的な8種の果物を総称したもので、
一般的には甲斐八珍果(かいはっちんか)の名称で呼ばれております。
この8種の果物というのは、葡萄(ぶどう)/梨(なし)/桃(もも)/柿(かき)/栗(くり)/
林檎(りんご)/石榴(ざくろ)/銀杏(ぎんなん)を表します。
銀杏を胡桃(くるみ)に置き替えることもあります。

これらの果物は、江戸時代の甲州道中(甲州街道)を通って江戸に運ばれ幕府
へ献上されるなど、人々に珍重されました。

「甲斐叢記(かいぞうき)」・・・嘉永元年(1848) 大森快庵 著

果物を栽培する為の気候風土が最適であったことや、地域おこしの意味合い
などから、古い歴史をもち山梨県は「果樹王国」へとなることができたのですね。